仏教的思考

仏教的思考

権実は両方とも真実の姿

 ドイツ紀行をまとめている最中ですが、いかんせん2年前のことですので、写真の発掘とか記憶の整理とか意外と手こずっております。そこで、ちょっと気になったことがあったので、割り込み的に仏教的思考をアップいたします。それは、次女の学校や学童クラ...
仏教的思考

個性を伸ばす育て方 

個性を伸ばす育て方と題しますと、まるで、私がこれを実践できているように見えますが、実際はそういうわけではありません。むしろ、個性を伸ばす育て方を模索している最中と言ったところです。また、ここで言う個性とは、何も特別なことではなくて、それぞ...
仏教的思考

立場によって見え方は違う~「一水四見」親と子供の立場の違い~

最近、何となく手で結ぶ印について大蔵経を検索していた時に、ふっと目に入った言葉がありました。それが「一水四見(いっすいしけん)」という用語です。何となく見たことがある気がして、辞書を調べてみますと、一言で言えば、立場の違いによって同じもの...
仏教的思考

私が命をつなぐ意味 ~人に生まれて仏教に出会う~

さて、長い自粛期間でしたね。まだまだ、事態収束とはいきませんが、とりあえず学校が始まって良かった。学校にも保育園にも行かず、家に3人の子供がずっといるという状態は、仕事をしている以上に自由な時間がございませんでした。おかげで、こちらの更新...
仏教的思考

家にいるだけということ~自粛と仏教修行~

さて、新型コロナウィルス流行の影響で、学校は休校、保育園もできるだけ休むようにとのこと、仕事も自宅業務を中心とした間引き出勤となって、とにかくただ家にいるだけの時間が多くなりました。テレビやネットでも家での過ごし方についてたくさんの提案が...
仏教的思考

煩悩のありか~かわいい煩悩即菩提~

3月の終わり、次女が保育園の卒園式に臨みました。5年半ほどお世話になった保育園とのお別れの式典です。一応、新型コロナの影響で参列者の制限を呼びかけられていましたが、姉妹のイベントには顔を出さずにいられない長女と置いていくわけにはいかない三...
仏教的思考

子供の起こす問題は如来のメッセージ~どんな騒音も仏の声

子供がいますと、結構、毎日のように何らかの問題は起こると思います。また、子供が3人もおりますと、大抵、誰かしら、ごちゃごちゃしているものですから、中々ゆっくりとものを考える暇もありません。もしかしたら、このブログを読んでいただいた方の中に...
仏教的思考

私の子供は仏様~仏性があるということ~

さて、自分のことが好きな人にという記事を書いていて、この考え方のもう一つの側面を説明したいと思いました。それは、子供に腹が立つときの親の心の持ちようについてです。 子供に無償に腹が立つことはありませんか?お母さんやお父さんだって人間...
仏教的思考

正しい見方

つい、先日のことです。私は、急にひどい腹痛に襲われました。…その時、はっとしました。私の見方は辺見だと思ったからです。…偏見ではありません辺見です。とは言え、意味はほぼ同じで「偏った見方」ということです。…仏教は中道の哲学ですから、こういう、極端な偏った見解は間違った見方だとするのですね。…片方の辺に寄っている見方は間違いなのです。

仏教的思考

ちょうどよい塩梅~子育てには中道が大事~

お釈迦様のお悟りというのは、とても興味深いものです。...お釈迦様はこの中道をお琴の名手の方に説明する時、お琴の弦に例えられました。お琴の弦は張りすぎていても、緩すぎても良い音が出ません。張りすぎず、緩すぎない、ちょうど良い度合いを保つと良い音色を奏でるのです。ちょうどよい度合いを保つことが大切なのです。親子もちょうどよい見守りと距離感を保つことで良い音色が奏でられるものなのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました